16-6-1

【劉若英】待たされたのは6年ではなく、約20年だったので。

 5月28日、行ってきました。劉若英@台北小巨蛋。
 彼女にしてみれば6年ぶりの小巨蛋のステージ。
 僕にしてみれば、C-popを聴き始めた初期の頃、つまり1995年当時からずっと会いたかった、聴きたかった歌手の一人だったんです。映画祭で1度見かけてから以降、(女優としてだけではなく)歌手としてはまったく機会に恵まれず、ずっと今日に至る人だったんです。そう、彼女がこんな若い頃から。

 20年かかって、ようやく劉若英の生の歌声を聴く。
 会いに行けるのが簡単になり、国境越えでさえ格安にできるようになっても、果たせないことがある。今夜は、そんな気持ちに一区切りつける夜でした。開演までまだまだ時間があるのに、早々に小巨蛋へ。奮発して買った特A席で、独り静かに高めていました。

 本当は…劉若英に周迅、桂綸鎂、湯唯の、中華圏を代表する女優4人で歌う「我要你好好的」(北京場ではゲスト3人登場で歌ったのですよ!!)が台北場でもあるんじゃないか、せめて桂綸鎂だけでもいいんだけれど…と願ったのですが。(画像は北京場の様子。)

 台北場のゲストはKiroroの御両人でした。

 人生初Kiroroが異国の地だとは。
 「很愛很愛你」「後來」ともKiroroのカバーなので、台湾の劉若英ファンにしてみれば、最も身近な日本人がKiroroですし、当然盛り上がります。Kiroroの玉城さん、中国語で一生懸命に対応&歌も中国語で。なのに主催者よ、なぜ通訳を入れて、劉若英とのMCとかでコミュニケーションを少しでも取る方向に持っていかなかったの?

 台湾のファンを喜ばそうと、「小幸運」やら「三天三夜」やら、しまいはじぇっじぇーまで30分もメドレーを歌ったり。他人の歌もいいけど、それなら初期の歌、もっと聴かせてほしいと願うところではあるのですが。プレイリストで比較する限りでは、彼女の音楽世界を聴くのなら北京で、彼女との時間を共有する楽しみは台北で、といった違いがあったように感じます。

 コンサートが終わって、ちょっと腑抜けになっています。
 いいコンサートでした。
 でも、すべてが満たされたわけではないので、またC-popを聴きたいという欲求に突き動かされて動き始めると思います。僕にとっては里程標的な一夜であるのは間違いなさそうです。

※撮影禁止だったので、報道各社の公式動画(YouTube)を使用しています。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

14-8-19

【TAIWANDERFUL】台湾政府の本気度が感じられることについて

 8月15日、東京・恵比寿にあるライブハウス「恵比寿リキッドルーム」で台湾音楽・文化紹介イベント「TAIWANDERFUL 台ワンダフル」が開催された。当日行われたライブを中心に報告したい。(映画・観光・グッズ・グルメ・ゆるキャラ等の各分野については、それぞれに詳しいブログを参照していただきたい。)

Cimg9857_r

 まず、今回のイベントにおいて目につくのは、台湾政府の本気度、である。

 今回の主催は、当初、「衝組創玩有限公司」によるものと発表されていた。それが「台湾文化部影視及流行音樂産業局」と、途中から台湾政府が全面に出る形での表記に変更されている。つまり、看板そのものから台湾におけるポップカルチャーの振興を意図する形に進展したと言えるだろう。

 イベントに先立ち、出演する4バンド(CHTHONICOUSTIC、宇宙人、阿飛西雅、濁水渓公社)やOPENちゃん、タイワンダー☆による記者会見が開かれた。

Cimg9889_r

 冒頭に挨拶に立った朱文清氏(台北駐日経済文化代表処顧問 兼 台北文化センター長)は、(1)台湾の流行音楽の位置付けについて、中国大陸、香港、シンガポール、マレーシア等の華人社会で歓迎されており、金曲奨についても多くの報道機関から注目されているということ、(2)台湾文化部(日本の文部科学省にあたる部門)においては、華人社会だけでなく、全世界の音楽市場を対象に、欧米や日本の音楽イベントに参加していく方針であること、に言及し、今夏のサマーソニックに(先述4バンドに五月天とMP魔幻力量を加えた)台湾の6バンドが参加することに触れた。

Cimg9905_r

 また、同イベントの委員長であり、閃靈のボーカルでもある林昶佐(フレディ・リム)氏は、台湾と日本の関係は歴史的にも密接であることに触れつつも、音楽に関しては、台湾人は日本のポップスを知っているが、日本人は台湾のポップスをあまり知らない一方的なものであることに言及し、同イベントをきっかけに、多くの日本人に台湾の音楽を知ってもらいたいと述べた。

 朱処長の挨拶にもあったとおり、台湾政府関係者が、ここまで具体的に台湾の音楽シーンの展開を中心に語ることはこれまでになかったことであり、これからの関与やバックアップを予感させる。以前開催された、魏如萱の東日本大震災チャリティライブに続き、こうしたイベントが開催され、しかも今回は約1,000人が集まる※という盛り上がりをみせたことは、次の展開を予感させるのに十分な結果となった。関係者からも今回の成功を喜ぶ声が挙がっている。この流れを受け、ぜひ次年度以降にもつなげてほしいものである。

※台北駐日経済文化代表処ホームページ発表による。

| | Comments (78) | TrackBack (0)

13-11-20

【女孩與機器人】Riinソロライブで見せた、もう一つの可能性。

 女孩與機器人( The Girl and The Robots)の特別企画として、ヴォーカリスト・Riinのソロライブが、台北・台中・高雄の三箇所で開催され、うち台中(11月16日・Forro Cafe)・高雄(11月17日・In Our Time)の二場を観に行きました。

 台中の会場となったForro Cafeは、廣三SOGOにほど近い住宅街にある、隠れ家的なこじゃれたカフェ。立ち見では十分に対応できないので、通路や最前列にも体育座り(!)で座って聴くというフレシキブルな状態でライブは進みます。

Cimg7783

 Riinの誕生月が11月ということもあり、カフェのスタッフから事前に(バースデーサプライズ歌うから、ハッピバースディの歌、歌ってね。)と耳打ちされていたので、観客全員で大合唱というオマケ付き。本人も、アラサー女子としての在り方をMCで語っていただけに、おそらく観客側も(ヤバイ、サプライズバレる??)というヒヤヒヤ感が漂ったりと、普段とはちょっと違う空気が面白かったです。

Cimg7786_2

Cimg7804

 一方、高雄の会場となったIn Our Timeは、高雄港の再開発エリアにある元・倉庫街を改築したレストラン・カフェ。広さが感じられる場所で、ゆったりお茶をいただきながら(蓋碗で凍頂烏龍茶を自分で煎れるスタイル)、最前列で鑑賞です。急遽決まった高雄場ですが、二階ベランダ席にもお客さんが入るなど、関心の高さを感じさせます。

Cimg7892

Cimg7894

 普段はテクノサウンドでピコピコした音の中に彼女の歌声がハマっていくのですが、ヴォーカルを全面に出して、ジャズテイストな楽曲も交えての選曲になっていたので、普段のガルロボっぽい雰囲気とは全く違う顔を見せます。ガルロボの曲を歌っても、まったく違うところは、ぜひYouTubeで聴いていただければと思います。

Cimg7901

 月並みな表現で恐縮ですが、Tokyo FMで「ひとりPerfume」と比喩されていたのに並べるのであれば、「台湾版マイラバakko」ってところじゃないかなと思ったりします。先述したとおり、(年齢不詳な)彼女もアラサーとなり、女性としての成熟さを醸し出せる年齢になっています。こうした企画で、ガルロボと両立するような彼女のヴォーカリストとしての可能性を強く感じました。(でも、台中場でのバースデーサプライズにちょっとご立腹気味のスネた様子や、高雄場でのアンコール後の号泣で喜怒哀楽がクルクル変わる彼女を見ていると、その成熟はまだ途上なんだろうなと思ったり。)

 …簡単に言うと「両方いいね!!」っていうことです。

Cimg7957

Cimg8023

 高雄場は撮影可ということもあり、YouTube用の動画も撮影させていただきました。
 せっかくですので、ぜひじっくりとRiinのヴォーカルを楽しんでください。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

13-9-17

【張國榮】去ってなお、存在感を強める人物の10年。

 9/16、東京国際フォーラムC。
 張國榮の追悼イベント「So in Love with Leslie」が開催されました。隣接する東京国際フォーラムAは、彼の東京公演開場にもなった場所。そんな場所に、日本全国から数多くのファンが詰めかけました。台風18号が日本列島を縦断し各地で被害を出す中で、現地に辿りつけなかったファンもいらっしゃったとか。(僕自身も、台風をぶった斬るような形で夜行バスで強行して、ようやく東京入りしたような状況でした。)

Scimg6954
 ファンからのお花企画も。全国のファンの思いが込められています。

 張國榮が去って10年。
 その追悼の思いを表すイベントでしたので、しんみりするのは最初から分かっていましたし、ディック・リーのミニライブで胸が熱くなるのも最初から分かっていました。
 そんな中で、前半、関谷元子・松岡環ご両人の、音楽&映画に関するトークが明るいトーンで展開していたのは救いでした。エンタメですもん、笑顔になれる時間も必要です。日本公開当時の映画(予告編)やミュージックビデオを交えての、当時のインタビューのこぼれ話もまた楽しいものでした。

Scimg6993

Scimg7021

 ダンサーの西島千博さんは、公演中の合間を見計らって。
 服飾デザイナーのワダ・エミさんは、帰国日程を急遽変更して。
 通訳のサミュエル周さんはその間を取り持つように。
 いろんな方が、壇上で張國榮の話を噛みしめるように語ります。

 そして、ディック・リー。
 ディック・リーがゲスト出演するということは、「追」を歌ってくれるだろう...生で動くディック・リー&歌うディック・リーを見るのは僕自身も本当に久々ですし、そこで歌われる歌は、張國榮を偲ぶという特別な思いがあるわけですから。
 ピアノの弾き語りで彼が歌ってくれたなかに、林憶蓮とのデュエット曲「FROM NOW ON」もありました。もちろん、これもディック・リーの作詞・作曲です。曲間MCの中で、タイ・バンコクで張國榮と会った際、逆流性食道炎で声帯を傷め、声が出にくくなっていたという様子を語ってくれていました。おそらくはそのエピソードを通じて、同じ「表現者」として精神をすり減らしながら苦悩していることをいたたまれない思いでディック・リー自身も受け止めていたんじゃないかと思います。

 こういう話をディック・リーの口から聞いた直後だったからこそ、むしろ僕にとっては「FROM NOW ON」が心に迫ってきたんですよね...。

 こうしたイベントでは、どうしても「ここだけの話」が多くなります。今回も、集まっておられるファンの方に少しでも知られざる彼の一面を語り伝えていこうと、出演者のみなさんが思っていただんだろうと推測されます。でも、だからこそでしょうか、出版物やwebのような形ある姿で残せないものかと思ってしまいます。
 また、集まったファンの手元を見ていると、フィルムコンサートとして盛り上がりたかったのかも知れないなと思う場面に何度か遭遇しました。サイリウムやうちわを、申し訳なさそうに持っていた方がいらっしゃったんです。なんか切なかった。こういう機会があるのなら、エンターテイナーとしての張國榮の姿を思い出せるような時間もまたほしいとも感じました。

 一部では、こうした規模での追悼イベントはもうないのでは、との声も。
 ただ、折にふれ、こうした機会は改めて訪れてほしいものです。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

13-8-29

【陶喆】再見你好嗎、ではなく好久不見。デビタオは元気です。

 小鬼のリリースイベントを抜けだして、目指したのは西門電影街から徒歩3分程離れた西門町西門屈臣氏廣場。陶喆のリリースイベントです。4年ぶりの新譜『再見你好嗎 Hello Goodbye』が6月に出たということで、久々に見るデビタオ。
 「音樂教父」らしく、集まった男性ファンは待っている間でもフルボイスで彼の曲を歌う(合唱とかではなく、とにかく自分がカッコイイと思って自己陶酔しながら歌う!!)姿があちこちで見かけるほど。相当待ちわびていたんでしょうね。エエカッコしたい男性にとってみれば、デビタオの歌は必須アイテムのようなものでしょうから。

 出てきた陶喆も、エエカッコして(!)バイクでご登場。

Cimg6765

 術後の経過で声が出にくくなったと言われていますが、そんな感じは特に感じることもなく、歌い上げている姿は4年のブランクを感じさせません。黒のサングラスとオレンジの衣装がどうとかは...まあ、ええんちゃいますかね。

 最後まで、オットコマエな健在ぶりを示していたデビタオなのでした。
 これからも頑張ってほしいものです。
 中華圏の男性が自己陶酔するには、貴方のようなアイコンが必要なんですから。

Cimg6774_2

Cimg6785_2

 動画は、現地テレビ局のものをどうぞ。


| | Comments (61) | TrackBack (0)

13-8-28

【黃鴻升】小鬼...ティーンズの中に歐吉桑(の日本人)がひとり。

小鬼こと黃鴻升(エイリアン・ホァン)。
彼のリリースイベントの時に台北にいるなとは気付いてはいました。
ただ、この日は陶喆や蘇打緑など、イベントの当たり日。
ですので、小鬼のイベントの滞在時間ちょこっとだけだったのです。
ゴメンナサイ。

というのも、彼に関しては歌手というよりも司会者のイメージが強くて。
(どうしても「娯楽百分百」が最初に出てきませんか?)
今回のアルバム『超有感』が3枚目なので、ミュージシャン歴もあるんですけどね。

Cimg6741

Cimg6747

西門町の電影街にはティーンズがずらり。
日本人のおじさんが、台湾女子に囲まれるいたたましさ(^_^;)
周囲の黄色い声援をぐっと我慢しながら...。

ゲストの卓文萱が出てきてようやく客席の雰囲気もちょっと変化。
微笑ましいですなぁ。いい雰囲気。
まだまだティーンズの亞洲小天王でいてほしいですね、彼は。

Cimg6754

Cimg6760

| | Comments (81) | TrackBack (0)

13-8-27

【管罄】Legacy mini @ ambaでゆったり。

 25日、管罄(Kris Kuan)のライブに立ち寄りました。

 会場になったのはLegacy mini @ amba。
 Legacyというと、華山公園のライブハウスを思い出す人も多いでしょうが、こちらはその系列。西門町の真ん中にあるambaビル(誠品書店武昌店のあるビル)の5階です。机も椅子も意図的にバラバラ。アンティーク家具やドラム缶をリユースした机を配置し、100人ほどのキャパでゆっくり聴かせるライブハウスになっています。

Simga0019

 管罄はINDIEBOXで知ったのですが、実際に聴いてみるとどうなのかなという興味もありました。長い黒髪に、膝の抜けたパンツ、カラッとした笑い方をするサバサバした、いわゆるカッコイイ系女子。もしかすると形から入っているだけの女性かもしれないと思っていました。

Simga0029

 いえいえ、実際のところ、歌唱力の安定具合は「Yellow」等の洋楽カバー曲を聴けば、僕でも分かるほど。ヴォーカリストとして気持ちいい声です。強いていうなら、ヴォーカリストとして「歌いたい」という強い欲求がさほど伝わなってこなかった(例えば、蔡健雅のように、鬱屈したシンガポールという背景から飛び出したいというような、マイナスをプラスに転換するようなベクトル)ところでしょうか。もしかすると、彼女もそういうものを持ち合わせているのかもしれません。まだ僕も聴き始めたばかりですし、彼女の歌う背景を知ることでさらに興味深い面を見出だせるかもしれません。

 非常に興味深い女性歌手に出会ったと思います。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

13-6-18

【原来是美男】イケメンばかり見てどうするの。見るなら程予希でしょ。

 西門町を歩いていると、たまたま遭遇したのがドラマ「美男(イケメン)ですね」台湾版の「原来是美男」サントラ盤リリースイベント。西門紅楼の北方広場は灼熱の中で、多くのイケメンファンが大集合。(の中で、おじさんが一人。)応援うちわの図柄を見る限りでは、汪東城のファンが日本からも多数来場している様子。

 演出として用意された風船が、あちこちのファンに配られています。

Scimg5964

 汪東城や蔡旻佑のソロステージもいいのですが…。

Scimg6124

Scimg6084

 男性キャストは他のメディアやブログで紹介済みでしょ?
 見るなら程予希でしょ。
 (イケメンファンはC-pop Univ.のFacebookページをチェック!!)

 シスターになるために修行中のヒロイン。双子の兄の身代わりとして男装し、大人気バンド「A.N.JELL」の新メンバーとして加入することになるこのヒロインを演じるのが新人女優の程予希です。
 イケメン三人の中に紅一点。ボーイッシュな魅力をも感じさせた韓国版のパク・シネよりも、どちらかというと女の子らしいキュートさが随所に見え隠れする台湾版の彼女の演技のほうが個人的にはキュンとくるのですが...韓国・日本・台湾版それぞれ見比べているみなさんのご意見はいかがでしょうか。C-pop Univ.のFacebookページでも「程予希、かわいすぎ。」とのコメントがありましたが。(日本版の瀧本美織は別枠でカワイイ。美少女すぎてこのドラマには合わなかったような気も。)
 個人的なことついでで言うと、ギター女子&ベース女子に結構ハマってしまうんですよ。あくまで個人的な趣味趣向ではあるのですが。これがまたイイのです。

Scimg6015

Scimg6025

 (先述の阿福でも述べたとおりですが)この時期、中華圏は端午節ということで、ちまきが付き物。この会場でもちまき作りに挑戦という企画が。そこでも程予希は、キョロキョロ落ち着かない様子でしたが、出来る限りの笑顔を振りまいていました。実際に見ると、台湾版ほしのあきっていう印象。

Scimg6029

Scimg6037

Scimg6047

 視聴率も好調だとのこと。
 きっとこのドラマを起点にして、女優として成長していくだろう程予希。
 今のうちに注目しておく必要がありそうです。
 歌手としては…どうなんだろうなぁ。

Scimg6057

| | Comments (140) | TrackBack (0)

13-6-12

【阿福】『天空島』に、阿福の夏がやってきた!!

 台北は…夏です。
 いえ、梅雨前線がかかっているはずなのに、全くの空梅雨。
 高温多湿。紫外線は半袖の腕や顔を容赦なく焦がします。

Scimg6172

 そんな台北・華山1914文化創意産業園区の特設野外ステージに向かって、バギーに乗って登場した阿福。「阿福@天空島之夏日巡廻」の初日は、こうした趣向でスタートしました。

 彼女の新譜『天空島』のリリースイベント。アルバム名にふさわしい場所がないか探しながらの鑑賞です。ただ、場所は芝生広場ということで、日陰になるところはほとんどなく、かと言って、前列狙いで大勢のファンの中で蒸されるのも厳しい。ということで、ちょっと後方にあったベンチ状のオブジェにもたれかかりながらの鑑賞です。

 風の通り道を見つけて、いい感じ。

Scimg6219

Scimg6238

 端午節の時期ということもあって、どのリリースイベントでも粽(ちまき)。
 ここではファン代表とのフォトセッションです。

Scimg6228

Scimg6305

Scimg6314

 今回の新譜『天空島』を中心に選曲された今回のイベント。爽やかでライトな曲が多いという印象です。ただ(話題づくりという要素もあるでしょうが)プロデュースに参加した伍佰がどうなの?という賛否は、現地でお会いした日本人ファンの方と意見を一致させながら。耳に馴染んでいる既出アルバム収録曲の方が現地ファンの反応もよかったので、もしかすると同じような感想を持つファンは多いのかもしれません。これは、何度か聴きこなしていかないと評価は安定しないのかも。

Scimg6371

 アンコールには、ファンからのサプライズ。
 私設ファンクラブお手製の、濃淡二色の青い紙リボンで作られたパーツが事前に配られており(僕も貰いました)、同時に振ることによって天空島の「波」を表現しようというイメージを狙っていたようです。上手くいったんじゃないでしょうか。少なくとも後ろから見る限りでは。

Scimg6462

 終了後、サイン会が行われましたが、(誇張表現ではなく!)華山1914文化創意産業園区の道路に面した芝生広場を一周するほどの長蛇の列。少しだけ時間をいただいて、「かわさきアジア交流音楽祭」のインタビューのお礼を言うと、しっかり覚えてくれていたようで、非常に喜んでいただき、こちらも嬉しい限り。

 これから6月の土日はずっと台湾全島を巡回する阿福。長丁場です。
 「加油!!」と声をかけたのは、本心から。
 このアルバムによって、新しい彼女のイメージが展開しますように。

Scimg6493

| | Comments (68) | TrackBack (0)

13-6-2

【朱俐靜】ロックを歌ってほしい声量だけれど。

 新しいところも聴いておこうかと思い、情報収集。
 するとTwitterで「朱俐靜のイベントがありますよ」との情報。

 朱俐靜については、台湾三立のオーディション番組「超級偶像」に出ていた、という予備知識しかなかったものの、会場となった美麗華のオープンステージへ。MRTから見える観覧車を目指して下車すると、主催であるFM局・best好事989電台がスポンサーブースを取り仕切る会場が見えてきます。(「好事愛在春天感恩節」というイベントのようです。)

Cimg5523

 快活な笑顔が印象的な彼女。
 で、「Kiss Me」等の甘いバラード曲よりもロックが似合う声量かも。福茂も次作辺りで方針変換するかもなぁと思いつつ、ファン層を見ると、とにかく若い!!台湾の中高生女子の恋愛アイコンになっていくのかもしれない。声援も、キャーキャー黄色い。ファンの期待に応えていくのならこういう方向でもいいかと思いつつ、資料をめくっていると…31歳。

 そうか、このバラードは歳相応の選曲なのか。

 でも、ファン層と、彼女の表情は30代のそれとは違うんですよ。
 これからどうなるのか。定まったイメージがないのはメリットでもあり…。

Cimg5528

| | Comments (7) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧