05-10-31

【東京】陳綺貞の曲が似合うカフェ

 台北の旅報告もしていないのに、東京の情報というのもなんだか妙ではあるんですが、まぁ、いつものことですので。

 おかげさまで、永和(台北の隣の市)で陳綺貞の野外カフェライブをずぶ濡れになりながら、感涙にむせびつつ(大袈裟)聴いてきたんですが、その際に彼女に会い、CD2枚にサインをしてもらいました。

 1枚は、もちろん僕の手元です。
 1枚は…東京に送りました。

 東京に、陳綺貞の曲が似合うカフェがオープンしたんです。
 MLメンバーのフジモトマミさんが、東京赤坂でカフェを開かれたそうで、そもそもミュージシャンである彼女のこと、音響には波動スピーカーを採用するなど、細部に気を配っています。(もちろん、飲食のメニューにも。)
 店内ではChinese popsだけをかけるわけではないそうですが、Gentle Musicの一分野としてプレイリストに入れているとのことです。カウンターの向こうにいる彼女に向かって、そっと、

(Cheer Chen陳綺貞の曲、かけてもらえませんか?)

 とつぶやいてみましょう。そうすれば…。


「赤坂 ファンソン・カフェ」ホームページ
http://fangsongcafe.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05-9-20

月と中国茶…BGMは?

 昨日(9/18)は中秋節。
 京都三条ラジオカフェのスタッフさんと打ち合わせをしてから、京都府立植物園で「名月鑑賞の夕べ」という、役所仕事にしては(にやっ)かなり風流なイベントに足を運んできました。(手元に月餅とお茶がなかったのが残念でなりませんでしたけど、ゆったりとした心地よい時間を過ごすことができました。ええ満月でしたしねえ。)

 このイベント、「学長秘書室」では何度となく登場しているKotist・宮西希さんも出演するとあって、ちょっと暇つぶしにググってみたら、何やら興味深いサイトを発見。

我愛中国茶 China Tea Lovers
http://www.chinatealovers.com/chinatea/chinatealovers2.htm

 ここの管理人さん、中国茶をたしなむ際のBGMの1つに宮西希さんのアルバムを選んでいたんです。いやぁ、こんな共通点を持つ人がいてはるとは!! しかも最近、僕自身が中国茶にハマッていることもあって、茶葉買出し@台北のアドバイスまでいただいたり。(情報量ももちろんですが、じっくり茶に時間をかけ思いを巡らせてはることがよく分かるwebです。かなりオススメ。)

| | Comments (38) | TrackBack (0)