« 【神戸】「華華」が常設店としてオープン | Main | 外相麻生太郎よ、これほどまでに感動的な「ももたろう」を君は聴いたことがあるか »

06-1-31

【周杰倫】東京公演、夜行バスの郷愁

 遅ればせながら『春節快楽! 恭喜發財!』です。

 世の中の動きとはまったく関係なく、C-popperは周杰倫の東京公演がいよいよ1週間を切り、浮き足立つのです。6日(月)にまだ若干の空き有りとのこと。機会があるのであれば、より多くの人に「実際の(生の)周杰倫」を観てもらいたいですよね。

 そうそう、週末にフジ・関テレ系のノンフィクション番組『NON FIX』(東京では11月下旬に放送済み)で華流を取り上げていて、ぼさーっと観ていましたが、なかなか興味深い内容でして。中華系エンタメの発信基地としての台湾と、その流れを追う各国、その枠から外れてしまっている日本という図式を強く打ち出していたものでした。
 音楽の分野では、周杰倫は中華圏を引っ張る存在の一人であり、彼が来日コンサートを成功させることが、こうした図式を突き崩す機会の一つになるでしょうね。3月には華流フェスタ、そして以降にも…ですし。

 さて、MLメンバーさんが「夜行バス」に関するネタを軽く触れたのに、現在過敏に反応しています。うぉお、夜行バスの元・ヘビーユーザーとしては血が騒ぐってもんです。時間帯さえ気にしなければ、最近では格安観光バスが大阪~東京間で片道3,000円台で出てますもんね。夜行バスへの郷愁がふつふつと湧き上がってきまして、もしかするとマジで新幹線や飛行機を使わずに往復することになるかもしれません。駆け出しの赤貧公務員だった頃は(え?今も?)、東京でのライブも長距離恋愛も全部バスでしたから。

 夜の東京タワーを眺めながら、順子Shunzaの曲、聴いたよなぁ。
 (現在、回想中。もちろん今回は「夜曲」持参ですな。)

|

« 【神戸】「華華」が常設店としてオープン | Main | 外相麻生太郎よ、これほどまでに感動的な「ももたろう」を君は聴いたことがあるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16224/8427626

Listed below are links to weblogs that reference 【周杰倫】東京公演、夜行バスの郷愁:

« 【神戸】「華華」が常設店としてオープン | Main | 外相麻生太郎よ、これほどまでに感動的な「ももたろう」を君は聴いたことがあるか »